コンクリート流動遅延剤DSR

03.19

【特徴】

■フレッシュコンクリートの状態改善及び、スランプロス・硬化現象等の状態から品質を劣化させる事なく迅速に遅延流動性を向上・回復させる

◆◆施工現場にて規定量を添加するのみで効果が得られ手間と費用が削減出来る◆◆

・施工現場での生コン打設において生コンのトラブルによる打設中断、廃棄、施工不良等の防止が可能となり、品質を損なう事なくスムーズな打設が出来る 

高温や時間経過によって流動性が低下したコンクリートの流動性の回復にも使用できる

午前中の最終ミキサー車に添加する事で、午後からの打設もスムーズにできる。

・打設終了後のポンプ内廃棄コンクリートの抜き作業も楽になる


【性能】

◆◆◆JIS A 6204適合◆◆◆



【荷姿】

 DSR・DSR-S〈共通〉

 


【カタログ】

コンクリート流動遅延剤DSR

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る